03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

お猿のテケトウ合戦記

ブラウザゲーム『戦国IXA』でのお猿の合戦雑記&日々の四方山話置き場

2013 初場所 

昨日、2013年の初場所で横綱 日馬富士が全勝(15勝)で優勝を果たした
千秋楽の白鵬(東横綱)戦は誰が見ても完勝という素晴らしい取り組み

それを見ながら何故かお猿は
先場所の横綱昇進初の場所と言うプレッシャー等々で
本来の持ち味が発揮できずに9勝6敗という成績で
横綱審議委員や有識者・スポーツ新聞にケチョンケチョンに
かかれるていたのを思い出していました

親方や本当の相撲関係者が新横綱の行く末を案じて
鼓舞する為に発している言葉には共感はできたのやけど

鬼の首を取ったかの様に発しているガヤの記事には・・・・
(ま~、仕事やから仕方ないのも判るのやけど)

その全勝優勝をかけての大一番が行われる1時間程前やったかな?
高見盛という力士の引退が発表が流れた

お猿はお婆ちゃん子でガキの頃から
場所がある度に相撲をテレビ(NHK)で一緒に見ていて
その流れで未だに場所があると中日と千秋楽はツイツイ見てしまう

最近は怪我などで十両に落ちていて
その取り組みを見る事は皆無な状態だったのやけど
全盛だった幕内の小結~前頭筆頭辺りの頃は良くテレビで観戦したものやった

相撲ファンなら誰もが記憶にあると思うのやけど
取り組み前の仕切り,塩まき,「時間です」の行司の掛け声の後の
顔を拳ではつる動作は何度見ても飽きずに楽しめたものやった

相撲内容も勤勉実直というか猪突猛進というか
綺麗な差し手が魅力で、土俵際での逆転劇も色々あった

相撲は勝負の世界で、負けが混めば順位が落ちる
順位が落ちれば自ずと引退が囁かれる

そんな世界で十両に陥落しながらも1年余り
通産15年もの土俵生活を続けてきた高見盛さんに

優勝した日馬富士さんと同じ輝きを見た気がして
拍手を送りたくなったお猿なのでした^^
スポンサーサイト

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikusasaru.blog.fc2.com/tb.php/49-20c829f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック