09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

お猿のテケトウ合戦記

ブラウザゲーム『戦国IXA』でのお猿の合戦雑記&日々の四方山話置き場

お猿と鹿? 

お猿の住んでるトコは、良く言えば‘山の手’や‘郊外’なんやけど
正直なところ市街地から、かなり離れた田舎で

もう少し奥にいけば、当然の様に
猪や孔雀まで見た事があると言えば想像がつく程の所です

そん中、忘れもしない昨年の11月の24日
夜中の1時頃に無性に小腹が空いてコンビニに行く事としたのやけど

そこを祝い事の為、結構起きていた親戚や家族に見つかって
「俺はパシリか・・・・;;」と思う程の序での買い物を頼まれた

いつも一人分ならチャリで田んぼの道を抜けると楽なんやけど
車の方が良さそうなので、チト遠回りとなる道を行く事とした

少し車を走らせて、近くにある神社がもう直ぐという所になった頃
道の真ん中に何かが立っている事に気がついた

「うわァ~~、酔っ払いか?」「ヤンキーやったらいややな?」と
思いながら進んでいくと

「えっ?、人じゃない;;」「??でもあの高さは?」

街頭が少ない道だった事や、今迄経験が無かった事もあって
擦れ違う間際になって、初めてそれを『鹿』と認識したお猿です;;

お猿はその際、軽四に乗っていて、その時の鹿は
運転席からチトだけ見上げる程の体高がある
ごっついでかい角を有した牡鹿でした

「うわァ~~~、ごっつい話のネタが出来た^^」と喜び勇んで家に帰り
その時の興奮を一生懸命に伝えたのやけど・・・・

「ふっw」「どっかで頭打ったの?」
「もう、ボケ始まったの?」「若年性のアレ?、怖いね~~」と散々な言われ様;;
(コンビニで買い物をしてきた御礼の言葉も有りませんでした)

ほんで、先週の日曜の雨上がり
近所のホームセンターやマックスバリュウーに家族を乗せて行く事となった

その帰り道、先の神社の裏側の細い峠道を
徐行しながら(結構、事故があるので)のぼっていると
先の方に何か動く物を見つけた

ま~、ここまで書いたらわかるやろうけど『鹿』です
この際見た1頭目は雌鹿で

その時のお猿の嬉しさたるや・・・言葉に出来ない程でした
早速、鬼の首を取ったかのように「ほら、おったやろが~~」と
声を荒げて言ってみたら

「へェ~~鹿いるんだw」「可愛いィ~~~^^」
「もうちょっと速度落してよ、チャンと見たいから」等々

えっ??あの時、散々に言われたお猿の立場は・・・・と思っていたら

「上の方に、牡鹿もいる~~」の声

後続車が来た事もあり、そこにそんな長居は出来なかったのやけど
家に着くまでは、お猿以外はその話で盛り上がっていました

家について、再度気を取り直し
「ほら、おったやろが~」とあの時の屈辱を晴らそう
意を決して再度言ってみたら

「しつこ~~い><;;」「おったんやから良かったやん」
「ウジウジと何回も;;」「女々しいねェ~~」との言葉を頂戴する破目となり

家族内でのお猿の立場を
痛いほど再認識させられる事となりました;;

ま~、それでも買って来た大好きな
十勝産小豆使用のドラ焼きを頬張りながら、牛乳を飲んだら
いつもの様にほぼリセットが出来て

今迄、鹿って言えば奈良という印象しかなかったので
何か、近くに鹿がいる事を知ったり、
その証明が家族に出来てチト嬉しかったお猿なのでした^^

7th-others-01.gif
スポンサーサイト

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikusasaru.blog.fc2.com/tb.php/197-cf5315a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック