05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

お猿のテケトウ合戦記

ブラウザゲーム『戦国IXA』でのお猿の合戦雑記&日々の四方山話置き場

大河「 真田丸 」:5th  

てっきり、前回の記事時は
今週が最終回だと思い込んでいたけど

先週が最終回だった、大河「 真田丸 」

最後の大盛り上がりを、期待して見たけど
初回から感じていた

お猿の持つ、“ 戦国物 ”の時代劇感とは違う
“ 変な違和感 ”が、要所要所に出て来て・・・・

チト、残念な気持ちになった事もある中、幸村の最期を
猿飛佐助( 藤井 隆 )が,介錯する展開になるとは

想像していなかった事もあり
「最後の最期は、シリアスに決めて欲しかった;;」というのが本音やけど

まぁ~これまでにも書いたけど
見始めれば、予告までアッという間やったので

それなりに楽しめていたし
大河「 軍師 官兵衛 」時にも、そうであった様に

IXAで、カードを所持しているにも関わらず
「何をした人なのか?」、全くわからない人が登場すると

何か嬉しくなったり
「へぇ~、結構凄い人やったんや」と

感動する事もあったりと
トータルで見れば、及第点を超えていたし

「 真田丸 」効果か?、IXA内でも関連武将を良く獲得でき^^
こちらは、もう言うこと無しの状態で^^

①真田家関連
12th-card-15-01.gif

②その他関連
12th-card-15-02.gif

ドラマ+IXA=で考えると
かなり楽しめた1年だったと感じています

さて、来年は
大河「おんな城主 直虎」との事
12th-card-15-03.gif

「 井伊 」と聞いて、思い浮かぶのは
「 井伊直弼 」ぐらいしか無いけど

予告編を見る限りでは
お猿の好きな、オーソドックスな戦国時代劇物の様で

期待を持ちつつ、来年の
1月8日を楽しみしている、お猿なのでした^^

スポンサーサイト

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

大河「 真田丸 」:4th 

師走に入り、ついこの間始まったと思った
大河「 真田丸 」も、後3回を残すのみとなった

お猿の知りうる、いい意味での
“三谷ワールド”が出ていて

以前にも書いたけど、中盤頃までは
戦国物の時代劇的には、チト違和感を感じる所もあるけど

真田昌幸を演じる、草刈正雄さんの
12th-card-07-01.gif

好演等々(石田光成:山本耕史さん、大谷吉継:片岡愛之助さんも◎)で、
それなりに、楽しめていたけど・・・

いざ、後半戦となった最近は
違和感の根源となる、時代劇にそぐわない“軽さ”を

存在感や演技で引き締める方が、かなり減った為
最も盛り上がるであろう終盤であるのに

「うん?・・・・?」「・・・・どうやろう?」と、感じる場面が増えて
お猿的には、かなり残念に感じています

まァ~それでも
見始めれば、アッという間に予告まで来ているので

それなりには、楽しめている事には間違いはないので
堺雅人さん演じる、真田幸村(信繁)
12th-card-07-02.gif

最大の見せ場であり
最後の雄姿となる、茶臼山での激闘で

「どう、盛り上げてくれるか」を
色々と思うところあるけれど

期待を持ちつつ
楽しみにしている、お猿なのでした^^

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

大河『真田丸』3rd 

開始前から気になっていた事もあり
三谷脚本特有の“軽さ”が

「チト時代劇として、どうなんやろう?」と思う頃もあったけど
見続けていると、それはそれで

“エエ味”みたいな感覚が芽生えて
最近は、日曜が来るのが楽しみなお猿です^^

直近の題材は、“小田原征伐”に至る経緯となっていて
豊臣家と北条家の間を折衝する

山西惇さん演じる、板部岡江雪斎が凄く気になっています
11th-card-05-02.gif

IXAでは、誰もが知る
優良攻撃スキル付与素材やけど

カードで出るまでは、名前も知らなかったし
当然やけど、北条家の家臣である事も知らなかった;;

先を見誤った主君:北条氏政の為に
11th-card-05-01.gif

各国間を奔走し、時には
意見具申するも、受け入れられないという状況は

前々回の大河『軍師 官兵衛』にあった
秀吉につかえる官兵衛の姿にも似て・・・

「いつの世も、色々と大変やったんやな~」と
何か、言いようのない共感を覚えたりしています

今週と来週ぐらいが
“小田原征伐”の山場となりそうで

主役の真田幸村そっちのけで
「江雪斎頑張れ!」と
(IXAでは、スキル付与成功に!)

史実やから、結果は当然判っているのに
密かに応援する気持ちが湧いてくる

相変わらず、単純でアホなお猿なのでした (^^;)

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

Born to Run~~~~^^ 

今日、第2回目の『世界遺産姫路マラソン』が行われた

まぁ~、一般的には『東京マラソン』の方が
規模も遥かにデカく、有名なんやけね

何で、こんな事を書いたかと言うと
今期、町内会の役があたっており

沿道応援の要請に、かりだされ
早朝から、応援参加者の方の為の準備をしながら
走者の方々の通過を待つ事となった

10時過ぎくらに、TOPの方が通過し
2位⇒3位⇒4人ほどの集団までは、かなりの距離があったけど

そこからは、断続的に走者の方々が続く形となり
まだまだ2回目の地方の大会やし

「フルマラソンなんて、そんなに参加してないやろう」という感じで
最初の頃は何の気無しに、支給された応援用の手旗を振っていたけど

今日の播磨は、初春といっていい程の暖かさで
お猿がいたポイントあたりは、折り返しに近かった事もあり

かなりの汗をかいた方や、バテ気味の方もおられ
その通過者を見るにつけ、次第に何か‘応援の熱’の様なモノが沸き

気がついたら、支給された紙の旗が
破れる程振っていたお猿です^^

スポーツ番組やニュース等々で、
マラソン大会の情報を今まで何度も見てきた様に

老若男女の色々な方がおられ
「何じゃそれw」と思わず笑ってしまう

マラソンには不向きな、仮装走者も結構いたりして
想像以上に楽しめた、沿道応援となり

やって見る前は、役での期最後となる大きな行事で
「これが終われば、また当分楽になるわ」位にしか思っていなかったけど

やり終えた後は、
「みんな頑張ってはるなぁ~、お猿も頑張ろう!」と

うまく表現出来ないけど
見えないパワーを頂いた感じで

フト、帰路の途中に、何でか
Bruce Springsteen の『 Born to Run ~~』が
頭の隅に流れていた、お猿なのでした^^

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

大河『真田丸』2nd(手負い獅子;;) 

大河ドラマ『真田丸』の1・2回を見た感想なんやけど
三谷脚本を加味しても、どう言うたらエエのかな

お猿的には、何か、想像以上に軽すぎる感じがして
もう少しだけ、‘重さ’みたいなモンがあってもいいかも?

と言うのが正直な所なんやけど
でも、総合的には十分楽しめており

1・2話のメインテーマとなっていた
‘武田家滅亡の推移’には、><;;

アホ猿でも、武田勝頼の名は何となく知っていたのやけど
「アホボンが、父を超えられず身上を潰したのかな?」くらいの感覚で今までいて

こんな、酷く悲しい終焉とは微塵も知らず
大河終了後、Wiki等を確認してみると

信玄泣き後の、武田家の当主であらんが為に
幾つかの目覚しい武功を上げつつも

その重圧の為に、最も大事な所で戦況を誤り
古参の重鎮達の離反等を招き、武田家衰退に至っていた

入手時は、「ショボい絵柄やな~、手負い獅子って何やネン」と思いつつ
でも、安くて「赤備え攻撃用」にと、手に入れた手持ちのカードを

それを知り、再度見てみると
10th-others-02a.gif

もの凄ェ~~安直やけど;;
絵柄に悲哀みたいなモノを感じ

スキル名の‘手負い獅子’が
ドラマで見た、武田家終焉の場面にシンクロし

前期は殆ど出番の無かったカードやけど
また使ってみたいと思った、お猿なのでした^^

category: 四方山話

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック